ニキビ跡消す化粧水

ニキビ跡の赤みを消すための3つの方法は?

ニキビが治ったのに赤く跡が残ってしまい、赤みが消えないことってありますよね。

ニキビは治っているはずなのに、なぜ赤みが残るのでしょうか?対処法はないのでしょうか?

今回は、ニキビ跡の赤みを消す方法と、予防法を紹介します。


ニキビ跡が赤くなったり赤紫色になる原因は?

ニキビ跡が赤く残ってしまうのは、なぜでしょうか?

実はニキビ跡は、赤く見える場合と赤紫色になる場合があり、それぞれ原因が違います。

赤色: 毛細血管の集中

ニキビの炎症で傷ついた肌を治すため、ニキビの周りに毛細血管が集中します。

ニキビが治ってからも、毛細血管は細胞のダメージを治そうと、その場所に留まります。


この赤い毛細血管が透けて見えることが、ニキビ跡が赤く見える原因です。

また炎症のダメージが大きいと皮膚が薄くなってしまうことも、毛細血管が透けやすく、ニキビ跡が赤く見える一因です。


赤紫色: 血液の漏れ出し

一方、ニキビ跡が赤紫色に見える原因は、上とは違います。

ニキビの炎症が悪化したり、細胞へのダメージが大きいと、肌の免疫細胞が過剰に反応します。


この反応によって傷つけられた毛細血管から、血液が漏れ出します。

この血液の「ヘモグロビン」の色素が、皮膚組織に「色素沈着」することで、黒っぽい赤色や赤紫色のニキビ跡として肌に残ります。


色素沈着が原因のニキビ跡は、赤色のニキビ跡とは別物です。

このニキビ跡の対処法は、以下の記事をご覧ください。

関連記事:ニキビ跡の色素沈着には原因に合わせたシミケアを

ニキビ跡の赤みを消す方法は?

肌に残ったニキビ跡の赤みを消すためには、以下の3つの方法がおすすめです。

方法1: ビタミンC誘導体が入った化粧品でスキンケア

ニキビ跡の赤みを消すためには、肌のターンオーバーを促して、傷跡が薄くなるようにケアすることが大切です。

またニキビ跡の赤みに、紫外線のダメージが重なると、色素沈着を起こしてシミの原因になります。


スキンケアには「ビタミンC誘導体」や、「プラセンタ」が含まれている商品が良いでしょう。

この2つの成分は、肌の生まれ変わりを促すだけでなく、美白効果があるので色素沈着のケアも同時にできます。


<方法2: ニキビ跡に効く市販薬を使う

市販の塗り薬や飲み薬も、ニキビ跡の赤みに効果的です。

飲み薬では、第一三共ヘルスケアの「トランシーノ ホワイトCクリア」があります。


「アスコルビン酸(ビタミンC)」は美白効果があり、色素沈着を防ぎます。

「コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)」は、新陳代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを促します。


また、イハダの「プリスクリードAA」という塗り薬も効果的です。

「ビタミンA油」は皮膚の代謝を高め、「トコフェロール酢酸エステル」は血行を促進します。


顔の湿疹用に作られているので、刺激が少なくステロイドが含まれていないので、安心して使えます。

スキンケアでニキビ跡の改善が実感できない方は、こうした市販薬を使ってみてください。


方法3: 皮膚科や美容外科で治療する

セルフケアで治らない場合は、皮膚科や美容外科での専門的な治療も検討してみてください。

ケミカルピーリング
薬剤を使った治療の1つで、肌のターンオーバーを促し、ニキビ跡を改善します。

イオン導入
肌に塗った薬剤の上から微弱な電流を流して、有効成分を肌の奥まで届ける治療法です。

フォトRF
機械を使う治療で、光と高周波のエネルギーを組み合わせて肌に当てます。

ニキビ跡の赤みだけでなく、シミやそばかすなど幅広い肌の悩みに効果があります。


赤みが消えるまではメイクでカバー

ニキビの炎症の程度によりますが、ニキビ跡の赤みが消えるまで、1~3か月かかる場合が多いです。

ニキビ跡の赤みが消えるまでの間は、自分で潰したりせず、メイクでカバーしましょう。


赤みには、イエロー系のコンシーラーが適しています。

赤の補色であるグリーン系の化粧下地も併用すると、赤紫色のニキビ跡や顔全体の赤みもカバーできます。



ニキビ跡の赤みを予防するには?

ニキビ跡の赤みを作らないためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

ニキビを悪化させないスキンケアを

ニキビの炎症によるダメージが大きいとニキビ跡が残ってしまうので、ニキビの段階ですばやく治すことがポイントです。

このためには、肌に不要なものをきちんと落とすことと、肌に必要なものを与えてあげることが必要となります。


まずはクレンジングやピーリングを丁寧に行って、肌に不要なものを除きます。

やり過ぎると肌に必要な油分や水分も落としてしまうので、適度な加減で行いましょう。


肌がキレイになったら、肌にたっぷりと栄養を水分を与えます。

ビタミンC誘導体やプラセンタなどが入った、保湿力の高い化粧品を使って肌を健康に保ってください。


ニキビができにくい生活習慣を

ニキビの悪化を防ぐために、肌の生まれ変わりを促すビタミンAやCを意識した食事を取りましょう。

ビタミンAはニンジンやほうれん草、レバーなどに多く含まれ、ビタミンCは野菜や果物に多い栄養素です。


コーヒーなどに含まれるカフェインは、皮脂の分泌を抑えるビタミンB群の吸収を妨げてしまうので、摂りすぎに注意してください。

また運動やお風呂で血行を促進することで、肌のターンオーバーを促し、ニキビが出来にくくなります。


そして肌のターンオーバーを正常に行うには、成長ホルモンが必要です。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、質の良い睡眠を取りましょう。

ターンオーバーによって肌が正常化され、できてしまったニキビ跡の改善にも効果的です。


まとめ

  • ニキビ跡の赤みは、集中した毛細血管が透けて見えることが原因
  • 赤みを消す方法は、スキンケアや市販薬、病院での治療の3つ
  • ニキビ跡の赤みを作らないためには、ニキビを悪化させないこと
  • 肌のケアだけでなく、生活習慣の改善も大切


 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

このページの先頭へ