ニキビ跡消す化粧水

ニキビ跡は、生活習慣で改善できる!

ニキビ跡,生活習慣

スキンケアに気をつけているのにニキビ跡が消えない、という悩みを持つ方が多くいます。

確かにニキビの跡は簡単に消えませんが、もしかしたら、生活習慣に原因があるかもしれません。


ライフスタイルが乱れると、体にいろいろな悪影響を与えます。ニキビやニキビ跡は、その不調を示すサインなのです。

今回は、ニキビ跡を改善する生活習慣を紹介します。


ニキビ跡の対策法は?

ニキビ跡を消すためには、どんな対策をすれば良いのでしょうか?

肌のターンオーバーを整える

まずは、できてしまったニキビ跡の対策方法から見ていきます。


ニキビ跡を改善するためには、「肌のターンオーバー」がカギとなります。

古い細胞が、新しくできた細胞に押し上げられて剥がれ落ちることで、肌が生まれ変わってニキビ跡が消えるのです。


部位によって差はありますが、20代のターンオーバーは28日周期が理想とされています。

年齢を重ねるにつれ、このサイクルが長くなっていきます。


この周期を早めれば良いと思いがちですが、早すぎる周期も、ニキビをはじめ肌トラブルの原因になってしまいます。

ニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーの乱れを整え、正常化することが大切です。

ニキビを悪化させない

ニキビ跡を作らないためには、できたニキビを悪化させないことも対策になります。


洗顔の際には、皮脂を取りすぎないように気をつけてください。

肌が乾燥して、かえって皮脂の分泌を促してしまい、ニキビの悪化の原因となります。


またニキビを自分で潰してしまうと、ニキビ跡になりやすいです。

炎症が治まるまでは、不必要に触ってはいけません。


髪の毛も、ニキビに刺激を与えて悪化させる原因になります。

髪をまとめるなど、ヘアスタイルにも気を配りましょう。

ニキビを予防する

ニキビができなければ、ニキビ跡が残ることもありません。ニキビ予防も、対策の1つと言えます。


ニキビをはじめとした肌トラブルを招く原因の中には、「体の冷え」があります。

体が冷えると血管が収縮して、血流が悪くなります。


血行不良の状態だとターンオーバーの働きが悪くなって、肌トラブルにつながります。

血流を良くするためには、湯船に浸かって全身を温めることが効果的です。


血行が良い体は肌のターンオーバーが正常に働くので、ニキビやニキビ跡を予防することができます。



ニキビ跡が改善されない生活習慣は?

ニキビ跡,NG習慣

ニキビ跡がなかなか消えないのは、どのような生活が原因なのでしょうか?

NG習慣その1:偏った食事や飲酒

過度なダイエットや炭水化物が中心の食事は、肌のターンオーバーに必要な栄養素をバランスよく摂取できません。

また糖分や脂肪分も摂りすぎると、皮脂の分泌が増えてニキビの原因になります。


飲酒も、美容の面からみるとマイナスです。

体内でアルコールを分解する際に、ビタミンがたくさん消費されるからです。

ターンオーバーに欠かせないビタミンが不足した状態が続くと、ニキビ跡がなかなか消えないのです。

NG習慣その2:睡眠不足

肌のターンオーバーが行われるのは、睡眠中です。

睡眠時間が少ない方や、熟睡出来ていない方は、ターンオーバーが十分に働かないので、ニキビ跡が改善されません。

NG習慣その3:運動不足

あまり体を動かさない生活を送っていると、体の血行不良を招きやすいです。

血流が悪くなって、肌が十分な栄養を補給できないと、ターンオーバーの働きが鈍くなってしまいます。



ニキビ跡を改善するための生活習慣は?

ニキビ跡,OK習慣

ニキビ跡を改善するには、肌のターンオーバーを正常に働かせる生活習慣を取り入れましょう。

ビタミンやタンパク質を意識した食事を摂る

ニキビ跡を改善するには、以下の栄養素を意識して食事を摂ってください。

ビタミンA

肌の新陳代謝を正常にして、ターンオーバーを整えます。ニキビ予防にも効果があります。

この栄養素を多く含む食品は、人参やレバー、うなぎなどです。

ビタミンC

コラーゲンの構造を保つので、色素沈着やクレーター状のニキビ跡の改善に役立ちます。

またニキビができにくい肌を作る働きもあり、たくさんの野菜や果物に含まれています。

ビタミンCは摂取してから3時間ほどで排出されるため、毎食時に取り入れましょう。

タンパク質

新しい皮膚やコラーゲンを作るために必要な栄養素で、クレーター状のニキビ跡にも効果的です。

肉や魚のほか、卵や大豆製品にも含まれ、ビタミンCと一緒に摂取すると、吸収されやすくなります。

眠り始めの3時間で熟睡する

睡眠中には、肌の生まれ変わりに必要な「成長ホルモン」が分泌されます。

成長ホルモンは、寝ている間に傷ついた肌を再生して、ターンオーバーを整えます。


また肌のうるおいと弾力に必要な、「ヒアルロン酸」を作ってくれます。

成長ホルモンが1番多く分泌されるのは、眠り始めの3時間と言われています。


この時間に熟睡できると、質の良い睡眠を取ることができます。

そのために、夕食は寝る3時間前までに済ませておきましょう。


また寝る1~2時間前に、お風呂に入って体温を少し上げておくと、眠りに入りやすくなります。

ターンオーバーには約6時間かかるので、6時間以上の睡眠を取ると、ニキビ跡の改善に効果的です。

適度な運動で血行を促進する

ウォーキングやヨガなどの有酸素運動は血行が良くなるので、肌のターンオーバーを整えるのに効果的です。

毎日運動する必要はなく、週2~3日程度で良いので、長い期間続けることが大切です。


また運動は、ターンオーバーを乱す原因の1つでもある、ストレスを発散することができます。

運動を習慣づけることで、ストレスが原因のニキビを予防し、気分転換にもなります。

汗をかくことで毛穴の詰まりを解消できるので、ニキビやニキビ跡ができにくい肌になるのです。



生活習慣をすぐに変えることは難しいかもしれません。

まずは今の習慣に原因がないか探して、出来るところから改善していきましょう。

まとめ

  • ニキビ跡の改善は、肌のターンオーバーを整えることが最重要
  • 栄養の偏った食事や睡眠・運動不足が、ニキビ跡が改善されない習慣
  • ニキビ跡を改善するには、ビタミンやタンパク質を意識した食事を
  • 質の良い睡眠を取ることで、ターンオーバーが整ってニキビ跡が改善される
  • 運動は血行促進とストレス発散の効果があり、ニキビができにくい肌を作る



 ニキビ跡を消す化粧水、おすすめランキング!

サブコンテンツ

このページの先頭へ